江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

[江戸信吾より ] 記事一覧

木魂







坂田梁山先生が「木魂」というCDを発売されました

コントラバスとの二重奏のアルバム

この中に孤愁が収録されてます

二重奏用に坂田先生が編曲してあります

ヘェ~と思える、新たな世界観が提示されてる孤愁です

他に7曲のオリジナル作品が並びます

一聴の価値ある、興味深いCDだと思いますよ!

興味のある方は是非どうぞ!









江戸信吾?

楽しみました

昨晩、久しぶりに大日本家庭音楽会の会長坂本正彦さんと食事をしました

いやぁ~何年ぶりだろうか

変わらぬ熱い血潮をたぎらせていらっしゃいました

4時間近く、お一人で喋りまくるパワーは圧巻

こちらは時々相づちを打つのみで、正彦ワールドを堪能させて頂きました

思い起こせば…

社長と初めて会ったのが、35年くらい前だろうか

確か、社長がシンセ琴を仕掛けてる頃だったのかな

子供心に、よく喋るおっさんだなぁと思った記憶があります(笑)

あの頃の印象(容姿を含め)は今とちっとも変わらないんだよねー

楽譜を出版するようになってからは、度々辛辣なアドバイスを頂き…

曰く、この曲は吉崎曲の劣化版とか自己満足に浸った曲とかね

出版社だから、売れてナンボだからね

売れなさそうな曲には特に厳しいなぁ…

最近は演奏家からの委嘱が続いてたので、他所で社長を見かけても、避けてた傾向があったかも(笑)

それはそれとして

社長は新たな仕掛けを来年から展開していくみたいです

それに対してマシンガントークを、炸裂する社長を堪能しながら、いつまでもお元気で、ギラギラした社長でいて欲しいなぁ~と思った次第です







江戸信吾

日の入り

昨日、12/5が東京地方の日の入りが一年で最も早い日

大体、冬至の二週間前が日の入りの最も早い時期

今日からは、ゆっくりと夕方が長くなり始める

でも日の出はまだまだ遅くなるから、あくまで日の入りの話しね

急速に薄暗くなり始める4時台半ばの、まるで影絵を見てるような西の空を眺めるのが大好きだが、今年はとりわけ、その空を満喫出来なかった…

このBlogにも以前書いたと思うけど

5時で真っ暗という状況に、ワクワク感を感じて大好きな季節だったが…

この数年、段々と5時で真っ暗の不便さが気になり始め出した(笑)

運転とか特に気を使うしね~

歳のせいかね?



さて、一昨日は荻窪の稽古場での勉強会がありました

全21曲、熱演が続きました

今回はどの曲も凄く安定感があり、聞き応えがありました

ギリギリ間に合ったセーフの曲もあったけどさ

でも間に合って良かったね~!

それにつけても、助演の田辺恵山さんと長谷川道将君が優しいこと、優しいこと

何かがあっても、何事も無かったように寄り添って、導いてくれる…とても愛を感じるような演奏でした

あれは技と言うより、人間性なんだろうね~

大したもんだよ!

2人に、どの曲が楽しかった?(上手かった?とは聞いてないよ)と聞いたら…

どれも楽しかったとソツのない答えの後に

それでも!と聞くと

田辺さんは「木立の中で」がお互いに寄り添って演奏しようと感じられて楽しかったそうです

長谷川君は、「宙~SORA~」

強い一体感が感じられて、とても楽しく吹けました!とのこと

ちなみに僕は…

一緒に演奏したワケじゃないから、楽しかった曲ではなく、心が動かされた曲ね

一生懸命愚直に直向きに練習を重ねて来た曲かな

具体的にはちょっと書けないけどね(笑)










江戸信吾



白驟雨の映像


山野安珠美さんが白驟雨の初演の時の映像を、YouTubeにUPしてたものを公開しました


御覧になるには


https://www.youtube.com/watch?v=JghhbeWtKRU


または、YouTube上で白驟雨と検索して下さい


江戸信吾と検索しても白驟雨は出て来ませんのでご注意下さい!








 江戸信吾

次こそは?

来週は、荻窪の稽古場で勉強会があります

ほぼ2年ぶりです

今週からは尺八との合わせも始まり、いよいよ皆さん本気モードに突入!

尺八は前回同様、田辺恵山さんと長谷川道将さんのお二人にお願いしました

今回は特に尺八との二重奏の曲が多いので、お二人には大車輪で頑張ってもらいます

春の田園詩というかなり前の曲とかも出るんだけど

久々に聞いて、自分でもかなり新鮮な感じがする(笑)

あ~こんな風に展開してたっけ?とかね

春の田園詩は、当時あった箏創作フェアってコンクールで1位だったんだけど…

出版社の家庭音の社長からは、「いい曲ねって、思われる曲を書いても駄目だ。自分も弾きたい!って思わせる曲を書かないと。」と言われたのを今もはっきり覚えてる

考えてみると…あれから20年以上経つけど

今だに自分では会心の出来!と思う曲ほど、楽譜が全く売れないぞ

○○も○○○も(←何の曲でしょう?)全然売れない(笑)

得てしてそんなもんだよ…って慰められるけど

思い入れが強過ぎると凝り過ぎるのだろうか?

次こそは頑張ろう!


そう言えば先日、丸田美紀さんから突然電話が掛かって来て…

「久遠の大地は絶対出版しなきゃ駄目よ!」って言われた

そう言われてもなぁ~と思案中

ちなみに僕の曲は、出版するかしないかは自分で判断してます

家庭音の社長が反対してるとか全然ありませんので!

基本的に増版しないなと思う曲は出版してません

自主規制ね

霹靂神とか地水火風とか炎帝とかHAYATEとか月弓とかFUJINとか月虹とかetc

あ〜、etcがいっぱい過ぎ(笑)

って何の話をしてたんだっけ?








江戸信吾

定例会

昨夜は学生時代の友人達との定例会

まぁ、普通の飲み会かな

お互い利害関係が無いから、暴言、毒舌を交えて言いたい放言が飛び交うけど面白い

年に数回しか会わないけど、信頼関係が出来てるから際どい発言も笑って聞き流せる

それぞれにそれなりのポジションに就いてるから、情報収集としても為になるし

昨晩は飲む前にウコンの何某ってのを服用して臨んだ

許容量を超えて飲んだけど、全然平気だった

ウコンが効いたのかな?暗示にかかったか?

次回は新年会だ~!


追記

不動岡高校、全国大会出場おめでとう!

今回は絶対勝てると思ってましたよ

あの難曲をあれだけ弾いちゃうんだから、若さは本当に凄いねぇ

とにかく素晴らしい!








江戸信吾

最近いろいろ

昨晩は池上亜佐佳さんの17絃リサイタル

稽古日だったので、代稽古を超大物演奏家に頼んで行って来ました

何も知らずに稽古に来た生徒さんはビックリ仰天!

演奏会より超緊張した~と言ってたそうです(笑)

で、演奏会は…

それはそれは御立派でした!

超難しい現代曲を全て暗譜でバッチリ弾いてました

お見事!

そう言えば、会場で何人もの大学時代の先生方や、後輩に久々にお目にかかれました

なんか、皆さん変わらないなぁ

一瞬で、あの時代に戻った気分に

ちょっと楽しいひとときでした!


火曜日は埼玉のある高校の箏曲部にお邪魔して来ました

FUJINをコンクールに出すと言うのでその指導に

埼玉はレベルが超高く激戦区

この日の演奏は、ぐっと締まっていて、かなりの完成度

こんな難しい曲をここまで弾いちゃうんだねー高校生は!

感心するやら驚くやら…

それでも、重箱の隅をつついて、難癖気味の注文をどんどん出します

そうしないと、上位2校に入って全国大会に行けないから

最後に通した演奏が本番で出来れば、十分射程圏内だと思う

というか、正直これでも行けないの?って思うレベルなんだけどなぁ…

是非頑張って全国行ってもらいたいです!

そう言えば…

高校に向かう途中、菖蒲というPAに寄ったら

隣接する田んぼに200匹近いスズメが居た

今どきこの数のスズメはちょっと見られない

10分くらいずっと見続けちゃったよ

餌が豊富なのかな?

北風が厳しい日でしたが、とてもほっこり出来ました







江戸信吾

手前味噌

昨日の東海地区の演奏会、無事に終わりました

内々の話でごめんね

久々の名古屋での演奏会でしたが

どの曲もとてもしっかり弾けてました

予想以上でした

今回は練習回数をかなり増やしたんだけど…

毎回出席率も良く、皆が一回一回真剣に臨んでくれました

その甲斐あって、どの曲もとても安定感、一体感がありました

名古屋をこんな演奏が出来る日が来るとは…

舞台袖でちょっと感動してました

もちろん、細かい事を言ったらあれだけど

それは今後の伸び代という事で!

打ち上げでの皆さんの笑顔が素敵でした

会員の頑張りと大勢の方々のご支援のおかげです!

感謝、感謝、感謝です!









江戸信吾

東海地区箏コンサート

明日、11/6(日)坂本玉宏会 東海地区の演奏会があります

今回はリハを増やし念入りに仕上げて来ました

会員の皆さんの意識も総じて高く、熱心さ、一体感は今までに感じた事がないレベルです

明日はそれが十分に発揮出来る事を願ってやみません


東海地区 坂本玉宏会 箏コンサート

ザ コンサートホール(電気文化会館)

12時開場 12時30分開演

曲目

民謡組曲ふたなしま
ゆき解しずく2
さすらいの主題による三重奏曲
月しるべ2
PLEIADES
秋の渡し
タンジェントアーク
花笠スケルツォ

ゲスト
田辺頌山 帯名久仁子

入場料2000円










江戸信吾

悩んでたけど

ネットで古本を買った

ヤフオクとかでなく、古本屋のネット販売

かなり値段のする貴重な本だったから、何年も悩んでたんだけど…

遂に買ってしまった

そしたら、代金後払いで品物が到着したよ!

この御時世に後払いとはびっくり!

何回か買った事があるとか、実績があるならともかく

初めての注文だったのに

古本を買う層って信頼があるんだろうね

資料として第1級の価値がある本だったから、こちらも慌てて振り込んだよ

百科事典並に分厚い専門書

パラパラと捲って見たら、全編がカタカナ交じりの文体…

ホント苦手な文体だ…嫌悪感さえ感じる

字面を追いかけても、全然頭に入って来ない

読み難いことこの上なし


果たして、読破する日は来るのでしょうか?







江戸信吾

AKITA

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">
一昨日は都山流尺八楽演奏会でした

玉宏会は民謡組曲AKITAを演奏

曲途中のソロは尺八ソロを2回の特別版で

今回は、三絃を平田紀子さんをお願いしました

平田さんとは、ソーランスケルツォの初演でお世話になって以来の舞台でしたが、キレっキレの三絃のおかげで、皆崩れる事なく演奏出来ました

ブロッサムホールの舞台上はあまり聞こえ易いとは言えないので心配でしだが、無事でホッとしました!






 江戸信吾

youtubeに

久遠の大地の音源をupしました

よかったら、お聴き下さい!







 江戸信吾

圧巻の舞台でした

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">
1日にあった、西陽子さんのリサイタル

何だろうね…

あの舞台を言葉で語ろうとすれば、安っぽく陳腐になってしまう気がする

とても言葉で表現するのが難しい、すげぇ舞台、すげぇ演奏だった

リハを客席で聴いてた藤原道山さんは「西さん以外これ弾けないでしょ…」って呟いてた

力強さ、速さの表現だけでなく

極小の小さな小さなピアニッシモのフレーズを、あの大きな会場の隅々まで響きわたらせるテクニックはホント驚いたよ

西さんのピークは一体いつなんだろうか?

まだまだ進化して深化してるよ

久遠の大地は、ホールのキャパシティを超えた迫力ある久遠だった

演奏者一人一人の想いがほとばしってた

圧巻でしたね

演奏前に、舞台で曲の解説を喋らせられたけど

久々に大緊張したよ(汗)

人様の大事なリサイタルでヘタ出来ないからね

客席から、呼ばれてまた客席に戻る演出で…

あれは、本当に勘弁して欲しかった??

せめて、帰りは舞台袖に戻りたかった(笑)

本番前、出演者の一人の方が、「私の住んでる石垣島ではSouthern Crossが見えるんです!」ってSouthern Crossの写メを見せてくれたよ

実際見られるのは、6~8月限定らしいけど

凄くハッキリ写った綺麗なSouthern Crossだった

結局、打ち上げまでお邪魔させて頂きました

ホント色々驚きに満ちた一日でした!
















 江戸信吾

直前ですが

明後日、10月1日(土)西陽子さんのリサイタルがあります

既に完売近いそうですよ!

さすがです

久遠の大地も演奏曲目に入っております

非常に期待値が高いです!

ご自身自作の新曲もあるそうですよ

お時間ある方は是非どうぞ!



10/1(土)浜離宮朝日ホール

5時半開場 6時開演

入場料4000円







江戸信吾

僕だけかね?

近年さ、Jリーグやプロ野球の優勝監督が、優勝インタビューで自分の球団のファンに対して「ファンの皆さん、優勝おめでとうございます!」って言うんだよね

なんかさ、ものすごく違和感を感じるんだよ…

おめでとうございますって、そもそも相手を賞賛する言葉だよね?

インタビュアーとか第三者がおめでとうございますなら分かるけど、自分達で成し遂げて、いくらファンに対してでも「おめでとうございます」って賞賛する言葉を使かうかね?

普通に「ありがとうございます!」じゃないのか?

じゃあ、そのうちさ選挙とかでも、当選者本人が支援者に向かって「支援者の皆さん、当選おめでとうございます!」って言い始めるのかね~?

ちょっとマヌケな感じがするけどなぁ~

どうなんだろかね?











江戸信吾

IMD三曲フェスティバル

今日はIMD三曲フェスティバルでした

長年この催しを主催なされ、今年2月に逝去された水野好子先生の追悼演奏会

今回はゆき解しずく2を追悼曲として大合奏しました

一昨年にこの催しでゆき解を演奏したのですが、その時に水野先生から「私、この曲好きよ」と言って頂いたのでこの曲を選びました

尺八は田辺頌山先生

客席には、どう伝わったか分かりませんが、舞台上はとても一体感のあるゆき解しずくだったと思います

やれやれでした(笑)

思い返せば、ずっと昔、先代の坂本と唯一二重奏をした舞台も水野先生の会でした

曲は坂本の東洋風な二重奏曲

リハの時、曲終わりのスタッカート、坂本の手元を見て合わせたら

客席の水野先生から、「手元なんか見るんじゃない!みっともない事するな!」と叱責された時の記憶が鮮明に蘇って来ました

以来玉宏会にとっても、私にとっても毎年否応なしに成長を促され続けられた大変貴重な試練の場所でした

これまでのIMDでの貴重な経験を活かして、今後の活動に繋げていきたいと思います!






江戸信吾

久々の更新です

今日は、お弟子さんに誘われて、日本橋三井タワーでのアトリウムコンサートを聴きに行って来ました

瀬川祥子さんというバイオリニストの演奏で、ロシアの作曲家の曲を奏でられてました

正直、今まであまりバイオリンには全く縁がなかったのですが、瀬川さんの非常に実直で真面目な演奏に感銘を受けて来ました

この瀬川さん、実は遠い親戚で、僕のハトコに当たる方なんです

今まで面識はなかったのですが、演奏後に少しだけご挨拶出来ました

出来れば、この先バイオリンとの演奏会まで漕ぎ着けられたら…と考えてますが

さてさて、今度どう展開していけるのかは、まだ未知数ですが、ちょっと楽しみにしています!









江戸信吾

公刊されました!

久々の更新です

No.36「青葉の頃に」の縦譜が発売されました

東北大学邦楽部の学生さん達からの依頼で書いた曲

彼らは、ちょうど東日本大震災のあった年に大学に入学したそうで…

「私達の大学生活は決して楽しいだけのものではありませんでした。」

「それを汲んだ曲にして下さい。」

仙台にキャンパスがあるんだから、それ以上は聞かなくても想像はつくよね

それで、決してレクイエムっぽくはなく、生命の発露、若葉生い繁るイメージで、若人たちへの讃歌としました

また、生きとし生けるもの達の、生への感謝を隠れテーマにしてます

なお、曲はCDソーランスケルツォに収録してあります

是非お求め頂けたら幸いです



気が付けば、季節は8月…

宿題に追われ、ギリギリの綱渡りをやってます

まぁ毎度のことだけど、今回は格別(笑)

今週末には仕上げたいんだけどね~








江戸信吾

7/10

一昨日は東海地区の11/6にある演奏会の合奏練習の初日でした

皆さん、どの曲も気合いを入れてしっかり練習して臨んでくれてました

これからどこまで上積みして行けるか、大変楽しみです!


さて、そんな帰り道の新幹線の中

うとうとと、うたた寝をしてると…

電話の呼び出し音が突然鳴りだして

時間は夜の8時半ちょっと過ぎ

慌てて、スマホの画面を見ると、残念だったね…と目を疑う受信メールの一文が表示されてて…

その電話の呼び出し音も、一緒に現地に行った仲間から、同じく敗戦の一報を知らせるものでした

直ぐにネットでNHKの選挙速報を確認したら、開票率0%で相手方に当確マークが!

マ、マジですかぁ⤵︎

正直、逆転勝利を信じていたので、この結果を受け入れるのに、すごくすごく時間がかかった

盛岡では、何度も何度も心が折れかけながら、約1千軒の家に掛け続けた投票へのお願い電話

「こちら○○選挙事務所です」って伝えると半数以上の人達からは、電話を早く切りたがってる様子がヒシヒシと受話器越しに伝わって来た…

そのプレッシャーに負けずに、投票をお願いする文言を言い切るのに必要な約30秒が、毎回途方もない長さに感じられた

たった一本電話を掛けるのに、こんなにも体力と精神力を消耗するとは夢にも思わなかった

途中で電話を切る人や暴言を吐く人も少なからずいて(もちろん好意的な人も数多くいたが)それが毎回ボディブローのようにじわじわ効いてきて、気持ちを萎えさせていく

それに負けないように、次の電話掛けのコール音を鳴らしてる間に別人格の自分を作って、相手が出たらテンションを上げたもう一人の自分が、一気に話す感じだった

それを一軒一軒繰り返しやる感じ

自分の責任分を全て掛け終わると、もう二度と一生誰にも電話をしたくない!って気分になった

今現在も、その気分は変わらず継続中だよ(笑)

ホントなら、この作業を18日間やり続けるんだから、自分にはフルタイムはまず絶対無理だろうと思った

たった3日間の電話掛けからでも、選挙の途方もないくらいの過酷さ、大変さを痛感した次第


それにしても…

本人にはちょっと掛ける言葉が見つからない

でも、ここで挫ける彼ではない!

ここからの巻き返しを信じて、これからも応援していきたい






江戸信吾

続きの話し

盛岡では、スタッフとして2回演説会に携わった

友人の候補者はもちろん、地元の市議、県議、代議士、そして東京から応援に来てた副総理や政調会長らの演説も聞いた

で、感じたのが…

演説って曲と一緒だと思った

人気のある曲って分かりやすく、印象的なメロディがあるよね

キャッチーでフックの効いたメロディってやつ

演説も同じで、弁士のオリジナルな視点で分かりやすくインパクトのある主張

曲でいう印象的なメロディね、それがある弁士は上手い演説をする

ただずっと叫び続けるだけでなく、声のトーンも強弱をつけて、訥々と話しかける部分があったり、大事な個所やクライマックスではフォルテッシモで訴えるような、しっかりとした構成力のある話しをする

名の通った中央の代議士は一応にそれが上手い

地方の議員さん達は主張が分かりにくかったり、話しの展開が杜撰だったり、お世辞にもパッとしなかった

その中で抜群に演説が上手いと感じたのが、あの小泉進次郎さん

ホント感心したよ!

通り掛かりの有権者の気持ちをグッと掴む演説をしてた

ちゃんと岩手のリサーチもして、しっかり勉強して来てるってわかったし

彼の主義主張に賛同するわけではないけど、凄いなぁ~と思った

弁士って言うくらいだから、トーク力は議員の大きな武器なんだろうね

逆に決断を下したり、その判断を誤まらないような立派な人なんだけど、話し下手な人って損しちゃうんだろうね

話しは凄いけど、中身のない人

中身は凄いが話し下手で伝え下手

なかなか見分けるのは難しい…

さぁ、いよいよ明日が選挙!

今日は期日前投票に行ってくるぞ




















江戸信吾

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR