江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらスケルツォ

あれは確か20年近く前だったかな

愚弟から「兄貴の作ったさくらが聞きたい」と言われ

即「さくらだけは無理。あり得ない」

と会話した記憶があります

理由は、そんなに魅力的なメロディじゃないのと、もう沢山の方々がやり尽くしてたから

その後も何度か、さくらの編曲依頼を受けましたが、
その都度丁寧にお断りしました

(「子供の四季」という唱歌のメドレーには、さくら使いましたね。でもあれは、むき出し使用だったからね)

では、今回何故さくらを取り上げたか?

それはやっぱり、4月1日だったからでしょうね

会場が取れた時点で、これはもうさくらしかないだろうなぁと(笑)

まぁ、編曲は無理だけどスケルツォなら出来るかな?とは思っていました

編曲は無理だけど?

スケルツォなら出来る?

この意味は実際に聴いてもらえば、あーなるほど!と思って頂けると思います

「さくらスケルツォ」

春爛漫の艶やで、華やかな風景と共に儚く切ない、桜の持つ二面性を表現した曲に仕上がりました
(↑本当か?笑)

どうか4月1日、ご自身の耳で直接感じて頂ければと思います!











江戸信吾

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。