江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

Entries

ハナミズキが満開だ

近所のコンビニに行く道すがら、小さな祠があるのは知ってたんだけど

今まで10数年気に留めもしなかったんだよ

それがたまたま覗いてみたら

庚申待ちの塔だった

庚申待ちって江戸時代に流行った民間信仰

60日に1度の庚申の日に、自分の中に居る虫が寝ている隙に天にのぼって天帝に日頃の行いを報告されるらしく

それを防止する為に、集まって夜通し飲み食いをして起きていたらしい

その塔の解説文には、現存する庚申塔は練馬区に130あり、これは最大規模のもの…云々と書いてあった

ヘェ~区内にまだ130も残ってるって、凄くない?

その時代にはもっとあったんだろうし、相当一般的なものだったんだろうね!

地域によっては、必ずしも60日に1度ってやってたわけでは無いらしいけど、娯楽の意味もあったんだろうね

その塔は、まだきちんと花が活けられてたよ

誰かがしっかり管理してるんだね

昔々の話しって思ってたんだけど、民間信仰は奥が深いねぇ





江戸信吾?

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR