江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

Entries

民謡組曲ふたなしま

ふたなしまを練習していて、気付いた注意点をいくつか

この曲を舞台で弾く場合最大の注意点は、
「金比羅」から「よさこい」への調絃替えです

特に17絃!七本絃を動かすから、本数を間違えないようにして下さいね

律音階から都節音階への移行なので、非常に躊躇したのですが…

やはり両曲とも外せないし、曲順もどうしても変えられないって葛藤がありました

とにかくくれぐれもご注意願います

さて「よさこい」は3回変奏します

必ず頭に4小節の同じお囃子が出て来ますので、それをしっかり意識して下さい

特に変奏3回目の前に、2回リット→アテンポがあります

1回目のリットは、2箏を意識して下さい

そしてテンポを戻した直後の2拍目、1箏と17絃の頭がしっかり合うように!

変奏1回目2回目はたっぷりと、3回目はちょっと前向きな感じで

「阿波踊り」の前半3連符の個所は各小節内でフレーズが完結してないので注意して下さい

3連符の後の後半、17絃がテンポを上げ過ぎないように

練習ナンバーKの12~16の4小節が各パートとも非常に慌てる傾向にあります

特に各小節の3、4拍目を焦らないようにして下さい

ここで変なスイッチが入ってバタバタするともったいないと思います

最後の部分のリズムチェンジがしっかり表現出来ると大変効果的です

尺八ソロの伊予節を含め、各曲の持つ雰囲気を大事にして演奏すると面白く出来るのではないでしょうか






追記

公刊譜に関しては使用制限とか一切してませんのでご自由にお使い下さい(未公刊譜の場合は、一部の曲で制限をしております)

また、ご事情によっての曲のカット等、それぞれにお任せしておりますので!

最近何故か急に使用許可を求められる事が多くなりました

ジャーナルの著作権の記事のせいかな?






江戸信吾

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR