江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

Entries

月の話し?

昔は太陰暦だよね

だから、日付と月の満ち欠けが合致してたんだよね

本能寺の変ってさ、天正10年の6月2日で、赤穂浪士の討入りが元禄15年12月14日深夜だ

すると、本能寺の変は2日の夜だからほぼ新月の月明りの無い夜で

闇夜に紛れて奇襲日和ってなるよ

対して討入りは14日の深夜だから、ほぼ満月って事になり

移動中に見つかる危険が高くなる、襲撃には最悪な夜だよ

大体その時期の満月の月の出は、夕方5時半位で、月の入りが朝6時半頃じゃないかな?

もちろん雨とか雪なら話しは違うけど、実際は晴れてたらしいし…

じゃあ何故14日かというと

その日吉良邸で茶会があり、上野介が在宅してる情報を掴んでいたらしいから、気象条件云々より確実に在宅してる日を選んだって事だ

じゃあ、より万全を期して、在宅&気象条件の良い夜とすると、雨を考慮から外せば半月後だ

でも、そこまで待てなかったろうね…

実際、脱落する浪士が後を絶たず内蔵助が大層嘆いていたらしいから

これ以上浪士を減らす事無く、とにかく1日も早くって思いが感じられる14日深夜決行じゃないのかな?

日付けからそんな事を考えてみた




江戸信吾

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR