江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

Entries

雑感2

一昨夜、ふと空を見上げると、細く輝く三日月がとても綺麗でした

三日月っていいよね

あの儚い感じが何とも言えず、心に沁みます

ちょうど三日月の上空に一際輝く星があって、その場で10分位ぼぉ~と眺めていました

あれは金星だったのかな?

そう言えば、先日筑波に行った時…

道端にひっそりと十九夜塔の石塔が残ってました

いわゆる月待講ってやつですね

昔は月を信仰の対象として、特定の月を特定の神仏と結びつける月待講って行事があったそうです

二十三夜待ちとか二十六夜待ちは有名ですね

特に二十六夜は阿弥陀三尊(勢至菩薩、阿弥陀如来、観音菩薩)に見立て、御利益があると言われてたそうです

二十六夜は有明の月って言われ、夜更け過ぎに月が昇ってくるから希少性があったんでしょうね

しかし十九夜待ちまであったのは、知りませんでした

十九夜の月は寝待ち月と言って、日暮れてから、寝て待たないと月が昇って来ないからそう呼ばれたそうです

月との関わりって奥が深く面白いよ!














江戸信吾?





江戸信吾?

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR