江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

Entries

徒然なるままに

昨日、9月に発売したCD「久遠の大地」の感想をある方から頂きました

自分の周囲の外の反響って案外聞かないものなので、その感想は大変ありがたく励みになりました

僕の場合、曲を書く時はざっくり3つのくくりがあって

その3つのくくりのどれで書くかを決めます

もちろん、実際はもうちょっと複雑なのですが…

それを決めたら、箏の調絃を決めます

それから作曲が始まります

この段階では、まずほぼノープラン

決めた調絃で、動機となるフレーズ・リズムを探します

書く前から、頭の中でフレーズが完成してるなんて事は1度もありません

灼熱の砂漠で、干涸びた果物を絞て一滴の水分を抽出するようなしんどい作業です(笑)

例え1小節でも、強力なモチベーションとなるフレーズが見つかるとね、後はサクサク進むんですが…

なかなかね、難しいんですよ

合奏曲の場合なら、まずどれか1つのパートをざっくり書いてしまいます

それから、他のパートを肉付けして行きます

「こんな曲を書いて、頭の中はどうなってるんですか?」と言われた事がありますが

実際はスッカスカの萎びた頭で書いてるんです

本当に身も細る思いなんですが、何故か身は太っていきます(笑)

只今朝の4時10分前

何やら、自虐ネタの内容になってしまいました

作曲中は、寝ると手のひらて足の裏に汗が酷くてね

早く解放されたい~!

では、おやすみなさい



















江戸信吾?

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR