江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

Entries

No.5訂正

「春の田園詩」訂正

①P7、2行目4小節目の後に1小節分(4拍)の全休符の小節を付け加える

つまり3行目1小節目に記載されている4拍の尺八のフレーズを演奏してから3行目1小節目の17絃を弾く事になる


②P8、最後の行、1小節目の17絃、4拍目に上向き(3まで)のグリッサンドを入れる


以上


「春の田園詩」は当時あった箏創作フェアと言うコンクールに出す為に作った曲です

箏が五音階で調絃されている事がその回の規定でしたので、楽調子にしました

真ん中に箏と尺八のソロを挟んで、前半を静的な後半を動的な風景を描きました

ただ…

3月頃の春先の田園風景なんですが…

その頃って本当はまだ田植えは始まってなく、土色一色なんですよね

だから曲のイメージから言えば、「初夏の田園詩」が正解なのかな(笑)


さて、その前の創作フェアで「さすらいの主題による三重奏曲」で銀賞を頂いていたので、絶対に金賞を取る意気込みで出ました

そして運良く1位の朝日新聞社賞を頂けたました

正直、大変憧れて目標にして来た賞だったので、感無量でした

本当に嬉しかったです

その時はこれで視界が凄く変わるくらい変化があるはず!って思ってましたが、現実は…何も変わらなかったですね

賞状が1枚増えただけ(笑)

何と言うか…

認知されると言うか周りの見る目を変えると言うのは生半可な事じゃ駄目なんだなと思い知らされました

後々ですが、家庭音の坂本社長から「いい曲ね!って言われるだけの曲じゃ駄目だ。いい曲ね!是非弾きたいって言われる曲じゃないと」と言われました

ムムム…なるほど

まだまだ課題は山積状態のままでした

つづく…???

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR