江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

[2013年03月 ] 記事一覧

なんだろ?

今日は久しぶりに宇都宮に来てました

こちらのは、まだ六分咲きかな

やっぱり東京とは差があるんだね

特に今日は薄ら寒い感じ

そういえば、この「少し」を意味する、「うすら~」って言葉は…

例えば

彼は気味が悪い

彼は薄気味悪い

だと、本当はうっすら気味が悪い方が意味を弱めるマイルドな表現なはずだけど、かえって後者の方により嫌悪感を感じさせる

彼は汚い奴だ

彼は薄汚い奴だ

やっぱり薄汚い方が嫌なイメージがする

汚いより弱く、うっすらと汚いはずだが

うすらって付くと何故かかえってイメージ悪い

他に、薄ら笑いって言葉も非常に嫌な感じだし

薄のろ、薄らバカ、薄らトンカチ

皆、ストレートよりもかなり小馬鹿にした悪意を強く感じる

マイルドな表現のはずが、かえって悪意が増してる

何故なんだろ?

のぼせた…

すっかり桜が満開なのに…
そんな景色は無縁と、相変わらずの引きこもり状態が続く

あ~時間が足りない

切札だった風呂も、神通力は今や昔…

とは言え、難所は越えたかな

さて、YouTubeに「霹靂神」と「月弓尊」をUPしてもらいました

Chako様、いつもありがとうございます

よかったら聴いて下さい

ただ、どちらも公刊予定はありませんので~

「霹靂神」は尺八と箏の二重奏曲

「月弓尊」(つくよみのみこと)は尺八と三絃の二重奏曲です

たまには

今日は春分の日

古代のシュメール、マヤ、ピラミッド、マチュビチュ…みんな春分の日と秋分の日を大切に考えていた

季節の変わり目で農業に適した時期や水害とかを予測できるから当時は命に関わる非常に重要な情報だったわけ

ちなみにイースター島のモアイ像には7体の特別な像がある

それは海岸線に並んでて、正確に真西を向いてる

つまりこれも春分の日秋分の日に太陽は真西に沈むから、これも天文時計なわけ

さらに、この視点からみると春分の日秋分の日を正確に知らせる機能を持つ古代遺跡は本当にたくさんある

シュメールのウルをはじめ、ギザのピラミッド、ペルセポリス、ペトラ、モヘンジョダロ、アンコールワット…

さらに地球儀を見ればわかるけど、これらはほぼ一直線にベルト状に並んでる

さらにさらにそのベルトは地球の円周(赤道)とほぼ全く同じ距離

さらにさらにさらに…

赤道と北極点は垂直に交わるよね?

それで上記のベルトと今垂直に交わる地点はちょうど今の磁北極になる

磁北極は正確な北極点のことで、もちろん北極にあるのだけど、不定期にある程度移動する

それがここ約100年で急速に移動して昨年、今の地点に来た

今はあのベルトが実際の赤道なわけ

古代遺跡の位置はそれを予期していたのかな?

続き


開かずの戸棚に坂本勉のレコードが保存!

昔、テイチクレコードから発売された売り物の在庫、その数8種類で数百枚!

『現代箏曲選集1』

千鳥の曲
日本民謡集
五木の子守唄変奏曲
祭の印象
幻想的ソナタ


『現代箏曲選集3』

箏と17絃のための三重奏
たそがれの草原にて
わらべ唄集
秋の言の葉
森のカッコウ
朝露

『現代箏曲選集4』

うぐいすの唄
さすらい
八段の調
東洋風な幻想曲
しぐれの夜
秋の野道

『現代箏曲選集5』

箏によせるセレナード
ふるさと
花変奏曲
かなりや
麦笛の唄
春の曲


『交声曲白鷺城』

若草
箏と尺八の為のソナタ
箏小奏鳴曲一番
アレグロの為の三重奏


『坂本勉作品集二』

箏の為のエッセイ
琵琶と箏の為の五重奏曲
輪舌の主題による二重奏曲
谷川のほとり
雪の詩曲
落花
夜想曲

『坂本勉作品集三』

さすらい
旅のスケッチ
箏・三絃・ピアノ三重奏曲
協奏的七重奏曲
箏と小室内楽のための協奏曲

『坂本勉作品集四』

のぞむ四季
春の手事
夏によせて小品二題~ほたる・夕立
高原の秋
焚火

保存用に何枚かは取って置いても

LPだからね…

販売するってわけにもいかないし…

ちょっと困りました






発見!


何とも古く不思議な楽譜を発見しました

先代の坂本勉の作品集の第1集の楽譜

中を見ると家庭音楽会から出版されてる楽譜と曲目が違うんですよ

家庭音からのが…

かなりや
時計の歌
櫻草
逃げた小鳥
らくがき
秋の野道


ところが…
この古い楽譜には

夜想曲
秋の野道
雪の夜
時計の歌
夜の円舞曲
かなりや

が収録されてます

どうやら真相は、当時、別の出版社から発売されるはずだった楽譜の元譜らしいのです

祖父が、どうしても宮城道雄先生と同じ出版社から出したいと、その某出版社との契約をキャンセルし、家庭音楽会から発売になることに…

昔々のお話しです

ちなみに、雪の夜って曲は雪の詩曲の前段階の曲だそうです

譜面を見ると元々は箏と三弦の二重奏曲だったようです

当時を知る貴重な資料ですかね



久しぶり

1/13のDVDの最終チェックをしました

申し込みをされた方は、あとちょっとだけお待ち下さい!

あれからちょうど2ヶ月前ですね

でも、遠い昔の出来事のような感覚があります

余韻に浸る間もなく、終わった瞬間に過去になってしまう感じ

そういう時代なんでしょうか

それにしても、寒暖差が激しい日が続いてます

皆さま、どうかご自愛下さい!

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR