江戸信吾オフィシャルサイト

箏曲家 江戸信吾オフィシャルサイト

[2013年02月 ] 記事一覧

風物詩

またまた更新が滞ってます

毎度毎度ですいません

明日から3月ですね!

こちらは、いつもの如く色々滞ってまして…

生活スタイルも完全に昼夜逆転しております

そうそう!

現在、急ぎ以外のメールは全て返信しておりませんので、悪しからずご了承下さい

とにかく、今日中に1つに行けるように…

あと4時間か

色々お待たせしてる皆様、順次発送出来るようにしますので、今しばらくお待ち下さい

時間が足りない?

最近、これにハマってます

北方謙三の小説「水滸伝」

文庫で全19巻、16巻まで読みました

前にハードカバー本の時は4ヶ月に1冊のペースで発売されてたのを読んでたのですが、4ヶ月後に前のを覚えてなくて途中で挫折

文庫になって再チャレンジ中


水滸伝は三国志と並ぶ、中国の伝奇歴史小説で、宗に反旗を翻して梁山泊に集う108人の豪傑の物語
日本では吉川英治とか柴田錬三郎の小説が有名でしたが、原作に忠実な為、何ともリアリティの無いストーリーであんまり好きではなかったのですが…

北方水滸伝は全く新たな、緻密な設定でグイグイ惹き付けられます

1番驚いたのが、108人が梁山泊に結集する前に、どんどんメンバーが戦死しちゃう事

えぇ~ここで死んじゃうの?と驚く事しばしば

確かにその方がリアリティあるけどね…

原作では梁山泊に結集して終わるパターンと滅亡するまでを描いてる2パターンがあるんですよ

だから仕方ないのかな

あと残り3巻なんだけど…

実はこれ、続編の楊令伝と続々編の岳飛伝まで入れたら、あと20巻位あるんだよね(笑)

そこまで読めるかな?

いよいよ

やはりをスマホにしようか、悩んでます

機種変更してから1年も経ってないけどね

周りからはiPhoneにしろと盛んに勧められてるんだけど…

スマホは電池の持ちが異常に悪いでしょ?

その辺も躊躇する1つかな

明日は久々に宇都宮の稽古です

この時期に行くと風邪ひいて帰って来る事が多いから、注意しないと!

更新が滞り気味でした

これは何度も書いたかもしれませんが…

よくある問い合わせに曲のカットが多いんですよ

演奏会とかコンクールとか制限時間があるので、短くしたいと

どこをどう短くすれば良いでしょう?って

たぶん皆さん作曲者に聞くのが1番と思うのでしょうね…

僕の場合は、その曲全部で1曲として完成させたわけだから、削るのは構わないけど、それは作曲者の仕事じゃないだろって正直思います

自分のお腹を…否、頭を痛めて生んだ子ですから全てが愛しいわけですよ

そこらかしこに愛着があるんです

だから客観的に削るには自信がないわけです

むしろ他の作曲者の曲の方が上手く出来るかもしれません(笑)

とは言え…

以前、ご自由にと言ってアバンギャルドなカットに戦慄を覚えた事がありました

参考までに、基本的にある部分をバッサリが1番つながりがいいと思います

このフレーズが好き!的な細切れカットは、大概ロクな事にならないですよ

筋肉痛…

荻窪稽古場の改修前の作業が佳境

昨日はばっさり捨てた、捨てた

家元判断で容赦無し!

いったい階段の上り下りを何回した事か

40往復!?

それでも見かけは何も変わったように見えない

とっちらかしただけ?

全身筋肉痛の作業はまだまだ続く…

たまには真面目に

13日の会が終わってから、何人もの会員の方から「お箏を続けて来て良かった。」と言われました

素直に嬉しかったです

丸17年前、先代の家元坂本勉が急逝した時、残った会員の方達がいずれ「やってて良かった!」と思ってくれる日が来る事が、僕の心の奥底に秘めた目標の一つでした

だから、たとえ少人数の方々かも知れませんが、そう思ってくれたなら、やって来た甲斐があったなぁと

まだ先代が元気だった頃…

ある方に「ここは(玉宏会)坂本先生の新曲がウリな会なんだから、常に新しい曲が生まれ続ける必要がある」と言われた事がありました

なるほど。全くその通りだ。それこそが、ここのアイデンティティーだと

ならば、新しい曲、それもなるべく良質な曲を発信していけるようにならないと!と強く思った記憶があります

それは確かに、今でも作曲を続けているモチベーションの1つになってますね


そうそう!

既にご存知の方も多いかも知れませんが、今月号の邦楽ジャーナルの編集長のコラムに13日の会の事が取り上げて頂いてます

興味のある方は是非ご一読あれ!

さて、今年は遅れている作品集ⅥのCDを作ります!

収録曲は

「久遠の大地」

「瑠璃の空に」

「ソーランスケルツォ」

「民謡組曲AKITA」

「ゆき解しずく2」

以上5曲の予定です

通常6曲収録なんだけど、大曲が多く5曲で容量いっぱいいっぱいです

夏前には発売したいと思ってます

どうぞお楽しみに!

交友録(7)

久々の交友録

今回は箏曲家の瀬古冨貴子先生

瀬古先生とは今から約10年位前だったか、ある箏屋さんの紹介がきっかけで知り合いました

「せせらぎ四重奏」のコピー譜を希望しているとかでお目にかかることに

小柄な先生なのですが、カリスマ性と言うか存在感が物凄いというのが第一印象でした

お話しを伺うと、箏に対しての情熱、熱意が半端ではなく、あっという間に時間が経過したことを覚えてます

それ以来、公私に渡って大変お世話になって参りました

講習会はもとより、何度も演奏会にも呼んで頂きました

そんなお仕事だけでなく、遊び?でお目にかかることもしばしば

いつもお目にかかる時は、先生と先生の弟さんと3人で会う事が多く、本当に沢山の見聞を広めさせて頂きました

毎回多岐にわたるお話しをして下さりますが、目からウロコのような話しが多く、こちらが全く気付かない発想力に何度も度肝を抜かれました

実はそんな先生の発想力がヒントで生まれた曲も少なくないんですよ

とにかく沢山の御恩を受けて来たのですが、こちらは何一つお返しが出来てなく…その事に忸怩たる思いがあります

充電期間から復帰された暁には、今まで以上にパワフルに活動されることと思いますので、楽しみにしております

久しぶりに

昨日はちょっと時間があったので、新宿西口にあるブックファーストに入りました

90万冊の品揃えだそうで面白そうな本を何冊も発見

ここなら2~3時間はあっという間に過ごせそう

最近はネットで本を取り寄せる事が多かったのですが、やっぱりデカイ本屋は楽しいよ!

僅か20分程度でしたが大満足の至福の時間でした

右サイドメニュー

最新記事

携帯の方はこちら

QR